maclalala:link

リクビダートル‬(‪事故処理作業者‬)‪の知られざる現実

Posted in ドキュメンタリー, 原発事故, 放射能汚染 by shiro on 2011年7月6日

犠牲者ー事故処理作業者(リクビダートル)の知られざる現実 1/2‬‏ | YouTube

The Sacrifice
Emanuela Andreoli、Wladimir Tchertkoff 監督
Feldat Film (Switzerland) 制作(2003 年)
[サクリファイス:犠牲者‪ー事故処理作業者の知られざる現実‬]

1986年4月に旧ソ連で起きた史上最悪のチェルノブイリ原子力発電所事故。百万人の労働者がその事故処理に狩り出された。放射性物質、放射線の危険性を全く知らされずに 作業したため、強い放射線を浴び、放射性物質を体の中に取り込んでしまった作業者達。健康を害し、亡くなってゆく彼らに医療は為すすべを知らない。 地震大国日本で同様、あるいはこれ以上の事故が起きないと誰が言えるだろうか?

犠牲者ー事故処理作業者(リクビダートル)の知られざる現実 2/2 | YouTube

もはや地球上に、この汚染から逃れられる場所はない

Posted in 原発事故, 放射能汚染 by shiro on 2011年6月21日


小出裕章氏

「もはや地球上に、この汚染から逃れられる場所はない」小出裕章(週刊現代7/2号) | 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

「福島第一原発から放出された放射性物質は、県境を越えて日本中に広がっています。いや、国境さえも軽々と乗り越えて、世界中に広がっています。もはや地球上に、この汚染から逃れられる場所はないのです。放射能は目に見えないし感じることもできません。だからこそ行政はしっかりと線量を計測し、知らせなければならない。そして我々はどこにいようが、その数値に注意を払わなくてはならないんです。3・11を境に、私たちの世界はそんな場所に変わってしまった。そして私たちは、そこで生きていくしかないのです。」

地下ダムより株主総会が大事でいいのか

Posted in 原発事故, 放射能汚染 by shiro on 2011年6月20日

稼働後すぐ停止した汚染水浄化システムは果たして役立つのか

Posted in 原発事故, 放射能汚染 by shiro on 2011年6月19日


[汚染水浄化システム | Photo

Tepco Halts Filtering of Tainted Water at Japanese Plant | NYTimes.com

Filtering Water at Fukushima Nuclear Plant in Japan | NYTimes.com

The new filtration system still faces many hurdles. The companies operating it, including Areva from France and Kurion from the United States, have little experience working with seawater. And Tepco must still dispose of the radioactive material that is being sifted out of the wastewater; it is mixed with a chemical agent to create a toxic sludge.

汚染水浄化、5時間で停止=装置で高線量、放射能の泥か-1週間以内の再開目指す | 時事ドットコム

【緊急提言】小出裕章さん 高濃度汚染水の処理方法 | YouTube

UN nuclear report shows Japan safety flaws | Al Jazeera English

原発は核兵器原料の製造工場だった

Posted in 米国, 軍事, 原発事故, 放射能汚染 by shiro on 2011年6月18日

Dark Circle | Vimeo

1982年のアメリカ映画。サンダンス映画祭・国際エミー賞受賞作。 1980年代、世界的規模で保有されるプルトニウムの驚異を、女性作家のアーヴィングが綿密な取材と多くの資料をもとに作り上げたドキュメンタリー。

ダーク・サークルと夢-赤富士:Dark Circle and Mount Fuji in Red | Long Tail World

さまよう高レベル放射性廃棄物

Posted in ドキュメンタリー, 放射能汚染, by shiro on 2011年6月15日

核の清算 | YouTube

核の清算:さまよう高レベル放射性廃棄物
札幌テレビ放送制作

核廃棄物を10万年も保管するなんてことができるのか

Posted in ドキュメンタリー, 放射能汚染, by shiro on 2011年6月15日

NHKBS20110224 地下深く 永遠(とわ)に ~核廃棄物 10万年の危険~(Into Eternity)  | Vimeo

放射性廃棄物はどこへ「地下深く永遠に〜核廃棄物10万年の危険」 1/4 | YouTube

NHK BS 世界のドキュメンタリー
2010 年国際環境映画祭グランプリ受賞作
Magic Hour Films 制作(デンマーク 2010年)

ウワサの放射能汚染水処理はいったいいくらかかるのか

Posted in 原発事故, 放射能汚染 by shiro on 2011年5月26日

東京電力が放射線量測定データを「使いづらく」している理由

Posted in 原発事故, 放射能汚染 by shiro on 2011年4月9日

プルトニウム対策は2つある

Posted in プルトニウム, 原発事故, 放射能汚染 by shiro on 2011年3月31日

Plutonium is forever | I, Cringely

TEPCO just this morning announced that four of the six Daiichi reactors can never be repaired. I wrote that right here less than 24 hours after the earthquake and tsunami before the emergency batteries had even run out. It was instantly obvious to even a moderately informed observer like me, yet why did TEPCO take two weeks to come to the same conclusion? Internal politics, which can only increase public danger.

But wait, there’s more! Now we have reports of water contaminated with plutonium at the plant and possible plutonium ground water contamination. Radioactive cesium and iodine are bad enough, though that water can be stored in pools for a few months while the radiation decays then carefully diluted for disposal. But plutonium contamination is forever — at least 10,000 years.

There are right now two plutonium remediation technologies on offer to the Japanese government and TEPCO that I know about — one from Russia and one from the USA. One approach uses nanotech and the other uses biotech but both are novel and unique. Both have been offered to the Japanese through government channels and in both cases the Japanese government or TEPCO have yet to respond.