maclalala:link

報われること少なき職業へのオマージュ

Posted in ひと, 好読み物 by shiro on 2014年6月14日

thank-you

To Teachers | Liss is More

Tagged with: ,

How to lose $7,000 of gear and get it back? Go to Japan.

Posted in 好読み物, 日本 by shiro on 2014年3月3日
Tagged with: , ,

‘VHS vs. Communism’

Posted in ひと, 好読み物 by shiro on 2014年2月19日

NYT-Irina-Margareta-Nistor

VHS vs. Communism | NYTimes.com [Video]

‘VHS vs. Communism’ | NYTimes.com

In Communist Romania in the 1980s, a young translator became an unlikely voice of freedom. She illicitly dubbed thousands of foreign films, distributed on VHS tapes, turning B-movie stars into heroes.

「VHS と共産主義」 | maclalala2

‘VHS vs. Communism’ | Daring Fireball

A Speck in the Sea

Posted in ひと, 好読み物 by shiro on 2014年1月4日

05montauk1-articleLarge

A Speck in the Sea | NYTimes.com

こんなストーリーを書けるライターってスバラしい・・・

‘A Speck in the Sea’ | Daring Fireball

Riveting story by Paul Tough for the New York Times Magazine:

Fearless

Posted in 好読み物 by shiro on 2013年12月23日

Fearless | ParisLemon

Fearless | aweissman.com

Andrew Weissman on his son using a smartphone as his camera:

All these techniques were driven by his ability to see the photos immediately after taking the picture. He could see, right away, the results of his tinkering. Something rarely available in the past.

Tagged with: ,

2010 年に iPad を登場させたことに意味がないはずがない

Posted in Steve Jobs, 好読み物 by shiro on 2010年12月26日

2010_Odyssey_Two_Michael_Whelan.jpg

2010: Odyssey Two – Michael Whelan

2010年だからiPad | 田園 Mac 〜Mac Pastorale〜

スティーブ・ジョブズが『1984』にMacintoshを、『2001』年にiPodを、そして『2010年』にiPadを登場させたことに、意味がないはずがない。『1984』や『2001年』、『2010年』の宇宙の旅で見た未来を、ジョブズは現実のものにしたんです。そして、それらのものを通して、われわれが見る未来をも、彼はわれわれに与えている。

神のアルゴリズム

Posted in ゲーム, 好読み物 by shiro on 2010年8月16日

hardest_position.jpg

God’s Number is 20

〈付随した図で実際に20手確かめられるのがスゴい!〉

With about 35 CPU-years of idle computer time donated by Google, a team of researchers has essentially solved every position of the Rubik’s Cube, and shown that no position requires more than twenty moves.

Engadget Japan: “ルービックキューブの全パターンを分析、最大20手と解明“: 10 August 2010[Haruka Ueda 訳]

Tagged with: ,

若き弁護士マイケル・アーリントンの目を通してみたスティーブ・ジョブズのアップル復帰とその後

Posted in ひと, アップル, 好読み物 by shiro on 2009年11月27日

Applenext

What If Steve Jobs Hadn’t Returned To Apple In 1997? | TechCrunch

今年の感謝祭の感謝はスティーブ・ジョブズに捧げたい–1997年のAppleへの帰還はきわどかった | TechCrunch Japan
〈若き弁護士マイケル・アーリントンの目を通してみたスティーブ・ジョブズのアップル復帰とその後 アップルファン必読!日本語もすばらしい!〉

– Jobsは弁護士が必要になると私のボス?正確にいえば、私のボスのボス–Larry Sonsiniに電話するのが常だった。
– 1997年のAppleの製品ラインは貧寒としていた。大失敗に終わったNewton、Performa、 それにPower MacintoshとPowerBook、プリンタにサーバが少し、といった具合だった。
ユーザーは当時デスクトップのソフトウェアに完全に依存していたから、使えるソフトの少ないAppleを使うのはよほどのファンか変人に限られていた。
– もし1997年にGasséeなり他の誰かがAppleのCEOになっていたら、こうした製品のどれひとつでも生まれていただろうか? 10年前にAppleが最初にiPodを作ったときMP3プレイヤー市場はすでに飽和状態だった。 iPhoneが今のような形で世に出ることもなかっただろう。そして来年はAppleからタブレット・コンピュータが発表される。Steve Jobsの他にこうした独創的な製品を市場に投入できた人間がいたとは思えない。
– われわれの住んでいるこの世界がJobsがAppleに帰還していなかったらまったく違ったものになっていたはずだ。われわれはいまでも不便きわまる携帯電話地獄にいただろう。とうてい快適にウェブの閲覧ができるようにはなっていなかったと思う。そして間違いなくPandoraやSkypeなどサードパーティーのすぐれた携帯アプリケーションは登場していなかったはずだ。今でもわれわれはキャリヤが押しつけてくるくだらないアプリに囲まれていただろう。Android、Palm Pre、Blackberryなどが登場できたのも、Appleが携帯アプリ自由化への道を切り開いたからだ。2006年の携帯がどんなだったか思い出せば、それだけでAppleがiPhoneを作ってくれたことだけでも感謝したくなる(なるほど私は最近、iPhoneからAndroidに乗り換えた。しかし依然としてiPhoneがすべてを創ったことに変わりない)。
– しかしそんなことは問題ではない。Steve JobsがAppleに戻らなかった世界は今よりずっと楽しくないものになっていただろう。Jobsはふさわしい地位を歴史上に与えられるべき伝説的人物である。この感謝祭を機に、私はSteve Jobsに感謝をささげたい。

Technorati Tags: , , ,

1万2000人が埋め尽くしたダイヤモンド

Posted in スポーツ, ビデオ, 好読み物 by shiro on 2009年11月23日

ウォール街の頭のいい連中

Posted in 金融危機, 好読み物 by shiro on 2009年10月15日

Wall Street Smarts | NYTimes.com
〈ウォール街の頭のいい連中 思わず引き込まれる好読み物、誰かいい日本語にしてくれないものか・・・〉

Wall Street Smarts | Daring Fireball
〈マイクロソフトでも同じことが起きた〉

Calvin Trillin’s Theory | The Baseline Scenario
〈テクノロジー会社がセールス部門に牛耳られるのも同じ理由だ〉

James Kwak Nails It | Daring Fireball

Smart guys and Wall Street | NYTimes.com
〈Paul Krugman が Calvin Trillin の記事について〉

投稿の詳細: ウォールストリートの利口な連中 | ppk journal

ウォールストリート スマーツ | 日暮れて途遠し

Technorati Tags: , ,